子供のムダ毛処理「除毛より抑毛」パイナップル豆乳ローションを使いたい

子供の除毛を考えるなら抑毛効果で対策

顔の除毛を考えるとき、すね毛や脇毛を一気に除毛するようなクリームを使うわけには行きません。肌が敏感な顔や小さい子供にも使える除毛クリームというものはなかなか存在しません。

そこで子供でも顔でも使えるムダ毛対策の手段として抑毛ローションというものがあります。

 

抑毛ローションとは、毛の成長を抑制する働きがあるローションのことです。主成分となるのはイソフラボンなど女性ホルモンと似た動きをする成分です。女性ホルモンと似た成分(イソフラボンなど)はムダ毛を細く目立たなくしてくれる効果が見込めます。

このような抑毛ローションに使われる成分は肌に優しい成分なので、女性の場合なら生理中で肌がデリケートになっているようなタイミングでも使用することが出来ます。

除毛クリームの成分

除毛ローションの成分にはイソフラボンとパイナップル成分の2つがあります。

イソフラボン

イソフラボンは主に大豆製品に含まれているもので、豆乳や豆腐に含まれていることで有名です。ムダ毛の成長を抑制する働きがあるため抑毛を目的とするローションにはイソフラボンが含まれていることが多いです。

 

パイナップル成分

パイナップルに含まれるプロメライン酵素やパパイヤに含まれるパパイン酵素は、タンパク質を分解してムダ毛を柔らかくしたり、発毛力を弱める効果があります。よってイソフラボンやパイナップル成分が含まれている抑毛ローションなどを選ぶことでより高い抑毛効果を見込めることになります。

 

 

 

 

パイナップル豆乳配合のローション

抑毛ローションで多くの製品がパイナップルと豆乳のいいとこ取りをした製品を発売しています。それがパイナップルローションです。

パイナップル豆乳ローションは化粧水です

化粧水を塗るだけで簡単にムダ毛の気にならないツルスベ肌になれるということで人気のローションです。パイナップルエキス、パパイン酵素が成分の浸透をサポートするため、カミソリや毛抜きなどによる肌トラブルや毛穴の黒ずみケアとして人気があります。

脱毛クリームとの違い

脱毛クリームがムダ毛を直接溶かして破壊することで一気にムダ毛がなくなります。即効性のあるムダ毛処理に使うものです。
一方、抑毛ローションは即効性は全くありません。

抑毛ローションでは脱毛は出来ません

抑毛ローションは先に説明したとおり、毛の成長を抑制する目的で配合されています。つまり、カミソリで剃った後の肌や脱毛クリームでムダ毛処理した後の肌へ浸透させることで新しく生まれる毛の成長を遅らせる。そういった方向性で使うのが基本です。

 

 

産毛処理におすすめ

鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションは、化粧水なのに産毛処理ができてしまうとても便利なスキンケアアイテムです。産毛をカミソリなどで自己処理している人も多いと思いますが、それだと肌を傷めてしまうことも少なくありません。エステサロンなどに通うこともできますが、費用が割高ですし痛みが伴うこともあります。

パイナップル豆乳ローションの魅力は、何といっても手軽に産毛処理ができることです。肌に塗るだけなので、ケアに1分ほどしかかかりません。そのため手軽に産毛処理ができます。また、化粧水なので除毛クリームのように洗い流す必要もありません。肌に優しい成分で出来ているので、肌トラブルなども起きにくいというメリットもあります。顔の産毛だけではなく、ワキや腕など全身に使用することができます。

また、使い続けているうちにカミソリや毛抜きなどでムダ毛を処理する回数が着実に減って行きます。通常の化粧水としても使えるので、コストパフォーマンスが良いのが特徴です。カミソリなどを使用しなくなるので、肌にかかっている負担を減らすこともできます。どうしてムダ毛のケアができるのかというと、ムダ毛に働きかける大豆エキス・アイリスエキス・ザクロエキス・パイナップルエキス・パパイン酵素などの成分が配合されているからです。

それから鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションは、美肌ケアもできる化粧水です。大豆由来のイソフラボンやザクロエキスは美肌をつくる成分としてもよく知られています。肌のハリをアップさせてくれたり、弾力のある肌にする効果が期待できます。
その他にもパイナップル豆乳ローションには、マンダリンオレンジ果皮エキスも配合されています。マンダリンオレンジ果皮エキスには肌の表面を整える働きがあるので、透明感が感じられる肌へと導くことができます。毛穴や黒ずみをケアする効果もあるので、美しい肌を手に入れるには最適です。

 

クチコミ~パイナップル豆乳ローションは効果ない

ネットでパイナップル豆乳ローションのクチコミや評価を見ていると、

効果がない!という口コミをたくさんみかけます。

 

なぜ効果を感じないのか?という理由をその口コミを書いた人の状況を想像しながら考えると、ある特定の事実が浮かび上がってきます。

 

即効性のある脱毛効果を求めた結果効果がない

パイナップル豆乳ローションは毎日2回、期間にして最低3ヶ月続けることでムダ毛の成長が遅くなり、継続すればするほどムダ毛が目立たなくなってくる。そういう製品です。

そのため、1日1回、購入した1本のローションを使い切るまで使用したとしても、ムダ毛が目に見えて減るなんて人はめったにいないんです。

悪い口コミの多くは短期間の仕様によるもの

3ヶ月以内に効果を体感したいという人には向いていません。パイナップル豆乳ローションの悪い口コミのほとんどが指定期間の利用を継続していない人のものです。

今目立っているムダ毛を来週までに減らしたい!

なんて場合も全く効果はありません。

そういう緊急のムダ毛処理が目的なら除毛クリームを使いましょう。あっという間にムダ毛がなくなります。

処理後のムダ毛の成長を遅らせることでムダ毛処理の手間を減らしてくれる豆乳のイソフラボンとパイナップルのプロメライン酵素を最初から含ませてる除毛クリームもあります。

即効性と継続的なケアを検討する場合にはこういったパイナップル豆乳ローション入の除毛クリームを使うのもいいでしょう。

 

パイナップル豆乳ローションの良いクチコミ

パイナップル豆乳ローションを継続的に使用してる人のクチコミでは非常に良い評価が多いです。

 

  • さらっとしたお水のようなローションで浸透が早くベタつきは全然ない
  • 肌に馴染んだ後、肌がなめらかで、ふんわりと柔らかくなる感じ
  • すべすべした肌になるので抑毛だけじゃなく肌そのものの角質ケアになる
  • カミソリ処理の後、すぐに毛が生えて3日後にチクチクしてたのが1日遅くなる
  • 使用開始から半年経過して明らかに顔そりの頻度が減りました
  • 小学生の娘に与えてるとムダ毛の処理をあまりしなくなった
  • 産毛を除毛クリームで処理してローションでケアを継続するといい感じ

 

 

まとめますと

  • 短期間の使用
  • 1本だけ使用
  • 1日1回の使用

このようなケアでは効果が全く見込めません。

 

対して

  • 3ヶ月以上継続
  • 1ヶ月3本たっぷり使用
  • 1日2回ケア

このようにケアした場合、とても良い効果を実感してる人が多いようです。

私は中学生の娘用に購入しました

まだまだ成長期の娘に、あまりキツイ脱毛処理は進めたくありません。

調べに調べて選んだのがこの、子供の肌にも優しい抑毛ローションです。

鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローション

 

 

 

抜いても剃っても生えてくるムダ毛

体毛には周毛期があります。毛母細胞が活発である限り、除毛しても脱毛してもまた生えてきます。
カミソリで剃っても伸びてきます。
サロンで脱毛しても必ず生えてきます。

どうしても生えてくる毛を止める事はできません。

まして成長期の子供ですから毛の成長も強いです。

 

しかし、ムダ毛の成長を遅くすることは出来ます
そこに目をつけたのが鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションです。

パイナップル豆乳ローションを塗るだけで次第にカミソリや毛抜き処理後のお手入れ頻度が減っていきます。

鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションが選ばれる理由

純度99.7%のイソフラボン

大豆とアイリス由来の2種類のイソフラボンがムダ毛にアプローチします。相性の良い2つのイソフラボンを組み合わせ実感力を大いに引き出しツルすべ肌に。

 

  1. パイナップルエキスでムダ毛をケアし、肌をなめらかにします。
  2. パパイン酵素でムダ毛をケアし肌をなめらかにします。
  3. コスモペリンでローションの浸透を助けキメの整った健やかな肌を保ちます。
  4. ザクロエキスでムダ毛ケアの実感力を高めハリとツヤのある肌へと仕上がります。

 

 

 

お得な3本セット用

 

タイトルとURLをコピーしました