乳首の黒ずみがピンクになるクリーム~ちくび黒ずみ原因女性ホルモンの低下と保湿によるケア方法

乳首の黒ずみと原因

遊んでるわけでもないのに黒くなってしまう乳首

 

遊んでると思われたくないから調べたことをまとめます。

  1. 原因は女性ホルモンの低下
  2. メラニン色素の影響

となるので

ケア方法は評判の良い保湿ジェルの利用という答えになります。

乳首のケアで人気の保湿力の高いクリームはコチラ

乳首の黒ずみとその原因:女性ホルモンの働きの低下

乳首の黒ずみなどを気にしている人がたくさんいます。

普段は洋服を着ているためあまり見えないとはいえ温泉に行くときや恋人とお付き合いしている時などに心配になってしまう人もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はその原因としてホルモンの働きの低下が原因となっていることに説明していきましょう。

代表的な黒ずみの原因はメラニン色素ですが肌や髪の色を作っている色素のことで乳首はメラニン色素の影響を受けやすい場所です。そのためカレーや刺激によって黒ずみやすくなってしまうことが多いのです。

 

特に女性ホルモンの低下が起こるとバストの大きさや形色を調整する機能を持っていますのでその分泌が悪くなるせいで黒ずみに繋がることがたくさんあります。

特に女性ホルモンの分泌が悪くなるのは生活習慣の悪化や加齢などに原因しています。そのため過剰なダイエットを行ったり不規則な生活で夜更かしをしていたりするとそのホルモンバランスが崩れて黒ずみやすくなってしまうのです。

日常のストレスなどのせいでも、ホルモン量の低下を招いてしまうことはあります。

そのためどのような対処を取れば良いかと言うと、まず最初に大事なのはバランスの良い食事です。

 

まずは食事で改善!

 

女性ホルモンと似た働きを持つと言われるイソフラボンを持つ大豆食品や肉や魚や野菜や果物を積極的に摂るようにしましょう。

 

納豆などといった発酵食品やねぎごぼう、それからバナナのがオリゴ糖も効果があります。食物繊維を多く摂取して腸内環境を整えることによって女性ホルモンのバランスが良くなっていくのです。また和食を中心にしてメニューを考えるように心がけるだけでも良いでしょう。

 

また重要なのは良質な睡眠を毎日しっかりとることです。

睡眠も大事

 

睡眠不足になってしまうと自律神経のバランスが崩れるため女性ホルモンに悪い影響を及ぼしてしまう可能性があるからです。寝る直前にパソコンやスマホのブルーライトなどを見過ぎてしまったりすることはやめ、睡眠の質をしっかりとあげましょう。

 

また寝る前に熱いお風呂に入るのもあまり睡眠に良くないとされています。

 

 

乳首の黒ずみとその原因:メラニン色素による影響

普段他の人から見えないような部分がデリケートな問題を抱えることが多いのが実情です。

特に乳首に関しても大きさや形など気になるところは様々ありますが、色が黒ずんでしまっているということで悩んでいる方が多いの多いです。

乳首の黒ずみはメラニン色素の蓄積が原因と言われています

服と擦れることが多いのでその刺激でメラニン色素が蓄積され、黒ずみが進んでしまうことがあるのです。特に産後の乳首が黒い原因も授乳のせいで摩擦がある黒ずみを進行させてしまうことがあるのです。

 

年をとって黒くなる乳首

また年を取るとともに黒くなっていく場合もメラニン色素が全く関係していないわけではありません。年齢を重ねるに比べてお肌の新陳代謝が低下していくのでターンオーバーが低下し排出されるはずのメラニン色素が残ったままになり黒ずむのです。

 

肌の色には個性があり遺伝の影響で黒いということもありますが、やはりメラニン色素が大きな問題と考えておきましょう。

 

そのような問題に対してどのように対処すれば良いのでしょうか。まず摩擦や刺激が原因となってメラニン色素が増えてしまうのですからそういった刺激を極力与えないように気をつけながら毎日の生活を送ることが重要です。

 

下着のサイズが合わなかったりする場合も摩擦が大きくなりがちです。またスポーツをしている時にはスポーツブラを着用するように心がけたり状況に合わせて適切な下着を身に付けるように心がけるだけで黒ずみは改善されていきます。

 

ピンクのちくびに戻すには

 

本来の色に戻すためにはターンオーバーがとても大切なので生活の習慣の乱れなどは極力避けるようにしなければいけません。生活習慣の乱れによって新陳代謝も低下していくので規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

 

アルコールやタバコも代謝に影響が大きいことが多いので吸わないように心がけたりする方が良いでしょう。また同時に美白クリームなども販売されています。

非常にデリケートなパーツなので他の美容ケア用品で代用するよりは乳首の黒ずみ専用のクリームを利用するようにするとよいでしょう。

 

乳首の黒ずみのケア方法:保湿ジェルの利用

乳首の黒ずみが気になる女性は本当に多いです。

ですから、

ちくびにも良いクリームはあります。

 

 

乳首のくろずみにも人気のクリームはこちら

イビサクリームの効果デリケートゾーンの黒ずみ、ワキ、乳首や顔にも使える脱毛後に欲しいジェル

 

乳首の黒ずみがピンクになるクリーム

黒ずみの原因は人によって異なりますが、乾燥やホルモンバランスの乱れで皮膚が黒ずむことがあります。
年齢を重ねると肌の水分量が減り、乾燥しやすくなります。

肌が乾燥するとバリア機能が低下して炎症を起こしやすくなり、メラニンが生成されて色素沈着が起こることもあります。

 

ちくび黒ずみには保湿が大事

乾燥肌が気になる場合は、まず保湿することが重要です。

保湿ジェルなどで外から潤いを与えることはもちろん、水分補給を行って保湿することも大切になります。
体を洗う場合はナイロンのタオルなどでゴシゴシこするのは止め、泡で優しく洗うようにします。
体を拭くときも押さえるようにしてタオルに水分を吸収させます。

乳首やワキなどのデリケートな部位には、刺激が少ない保湿ジェルをつけます。
様々なメーカーが保湿ジェルを販売していますが、ヒアルロン酸などの保湿成分に加えてビタミンC誘導体が配合された保湿ジェルを使うと、保湿効果だけでなく美白効果も期待できます。

 

乳首のケアで人気の保湿力の高いクリームはコチラ

 

ビタミンCが誘導体でメラニンの生成を抑制

ビタミンC誘導体はメラニンの生成を抑制し、できてしまったメラニンの還元も可能です。
水溶性タイプと脂溶性タイプがありますが、脂溶性の方が肌に対する刺激が少なくて済みます。
食事も重要で肌のダメージを解決して新陳代謝を正常にするには、細胞をつくる栄養と代謝を促す栄養をバランスよく摂取することが大切です。

 

お風呂からあがったときにマッサージをすると血行がよくなります。
バストを力をいれずに優しくマッサージして、それから保湿ジェルを優しく塗ります。

毎日保湿ジェルをつけることで、下着や衣類の摩擦から肌を保護します。
ボディ用の保湿ジェルで十分ですが、最近は乳首専用の保湿ジェルもあります。

ジェルを塗った後は、できるだけ天然素材の下着をつけるようにします。
ジェルをつけても乾燥が気になる場合はホホバオイルがあると便利です。

ホホバオイルの主成分は人間の皮脂と同じ成分なのでなじみやすく、ジェルとのダブル効果で肌に優しく作用します。

そんな成分をたくさん含んだクリームがこちら。

黒ずみ対策で開発されてるので非常に口コミも評判も良いです。

イビサクリームの効果デリケートゾーンの黒ずみ、ワキ、乳首や顔にも使える脱毛後に欲しいジェル
多くのメディア等で黒ずみ対策を見かけますが、イビサクリームはその中でも国産品ならではの安心感と成分の良さで人気が出ています。 脱毛後の敏感になっている肌状態に高品質で刺激がないクリームの為、肌にやさしく黒ずみを取り除くにはお勧めです。...
タイトルとURLをコピーしました