毛深い父親の剛毛が遺伝するムダ毛に悩む娘のために脱毛(除毛)する

私がムダ毛処理、脱毛をする理由はただひとつ

娘にとって安全なムダ毛処理方法を提案するためです。

 

娘が中学生になり以前から気にしていたムダ毛に対して神経質になっています。

娘(13歳)のムダ毛の部位は

  • 口まわり(ひげ)
  • 腕毛
  • すね毛

 

今のところ気にしているのがこのような部位です。

まだワキ毛やデリケートゾーンには毛が生えていないのですが、女の子なのでいずれ女子として気になる部位の脱毛や除毛を考える時が来ると思います。

 

これまでのムダ毛処理(子供時代)

小学生の5年生ごろからひげを剃ったり、すね毛を剃ったりしていました。

昔の古い教えで「すね毛は剃るな!剃ると毛が太くなるそ」と娘がすね毛を剃ることに注意を促していましたが、本人はそれどころでないようで、体育や薄着になる季節にはクラスメートの目がとても気になるとのことで「こっそり」すね毛を剃っていたようです。

6年生になり口まわりのヒゲも剃り始める

100歩譲ってすね毛が太くなるのは許せても、女の子なんだから髭は剃るな。女性ホルモンが増える年頃になればヒゲもなくなるから、、と何の根拠もないアドバイスをしていましたが、彼女は私に隠れてヒゲも剃っていました。

あいにく、母親(妻)はすね毛、腕毛がまったく生えない体質。ワキ毛やVIOの処理で某有名脱毛サロンに通っていますが、娘からすれば腕や脚がつるつるでプルンプルンのママの肌が羨ましく、同時にムダ毛のもとである遺伝子(父)の毛深さが恨めしく思っている。

それが今です。

 

思春期を迎える娘のために

私は男です。

しかし、思い返せば中学生時代から自分の腕の毛がコンプレックスでした。男性らしい太い腕毛ならカッコイイなと思えるのですが、私の腕毛は「異様に細く長い腕毛」なんです。

放置していると最長で17センチまで伸びました。

私は古い昭和の人間なので親から与えられたカラダに手を入れることに抵抗がありました。ピアスを開けたりするのと同様、自然に生えてくる体毛をカミソリで剃ることは何かの倫理に反するような、、そんな考えを持っていました。

そんな私も20歳になり、思春期時代よりもずっと異性が気になるようになりました。でも中学生のころからずっとコンプレックスで隠し続けた腕毛は異様に長く伸びて腕を1周半するほど長くなり、見る友人はみな「キモイ(笑)」と言うほど。

男子校育ちで女性に免疫がない上にコンプレックスの腕毛。

細くて妙に長くて本数の多い私の腕毛は半袖を切るとみなが気持ち悪く感じる(ような気がして)10代のころは真夏でもどんなに暑い日でも長袖しか着用せず過ごしました。

そんな腕毛の生え方、性質が遺伝したのか、13歳になる娘の腕にも産毛に近いような細く薄い色の腕毛が目立ち始めました。

 

脱毛や除毛の方法、メリット・デメリットを研究

以上のような経緯があり、年頃になってきた娘のために父である私自身が「かつてコンプレックスだったムダ毛」の処理方法を調べ、より安全で、より安く、気軽に脱毛、除毛処理できる方法を試していきながら感じたこと、調べて気付いたことなどをこのサイトに残していきます。

 

 

初めての脱毛

Veet除毛クリームによる脱毛と使い方

 

初めての脱毛器

Amazonで売ってる安い脱毛器

 

 

 

 

脱毛器の比較 トリア、ケノンほか

脱毛器の比較 レイボーテグランデ ケノンほか

 

 

脱毛器や脱毛サロンへ行く前のセルフケア

脱毛器の光を当てる前のセルフケアにはこれ

パナソニックのレディースシェーバーが一番いい。

 

タイトルとURLをコピーしました