火傷しないためにブラジリアンワックスでのムダ毛処理のコツ | 脱毛家族~美容ブログ

火傷しないためにブラジリアンワックスでのムダ毛処理のコツ

ムダ毛処理の方法は大きく分けると、除毛と脱毛と2種類あります。除毛の場合にはカミソリや除毛ムースなどを使った方法が一般的で、自宅でも手軽に時間をかけずにできるメリットが有ります。

しかし剃り残してしまったり、カミソリの刃で剃る事で皮膚へのダメージが出てしまうこともありますので、お肌が弱い方ですとあまりお勧めできません。

さらに皮膚に炎症が起きてしまう事で埋もれ毛ができやすいと言った不満も多いです。すぐに生えてきてしまうため、処理の頻度が高くなるといった事も有るので、間隔をできるだけ広げたいという場合にはこの方法ですと不満も有るでしょう。

ワックスで除毛

そこでもう一つの方法でもある脱毛でしたら、除毛よりもお手入れの頻度が少なくなります。自宅でできる方法ではワックスを使った方法や家庭用の脱毛器が挙げられます。ちなみに一気に仕上げたいという事でしたらワックスがお勧めです。

肌の表面に塗り、一気にはがす事でその部分の毛根から抜くという事が可能なのがこの処理方法です。一度に広範囲のムダ毛を処理することが出来るので、忙しい方にもお勧めです。大きく分けると、ハードとソフト、そしてシートタイプがありますので使いやすい物を選んでみましょう。まずはコツを知ることから始めて、失敗しないように綺麗に仕上げていく事が大事です。

ワックス除毛のコツは、温度調節をしっかり行う事からです。熱すぎると火傷をしてしまいますので適温に温めます。さらに1番のポイントは、お風呂上りなど肌が温まっている状態で行う事です。毛穴が開いた状態ですと、スムーズに毛が抜けますし痛みも少ないです。毛穴が開いていない状態で脱毛をしてしまいますと痛みも感じやすく、さらに抜ける時にもダメージがかかってしまうデメリットが生じますので要注意です。逆にワックス脱毛をした後にすぐにお風呂に入ると、雑菌なども入りやすい状態になりますのでこの順番は守るようにしましょう。

ちなみに、除毛の場合には関係ありませんが、ワックスを使ったムダ毛処理の場合にはある程度毛が伸びていないと抜くことが出来ません。特にブラジリアンを行う場合には1センチ近く伸びていないと脱毛することが出来ませんのでそれぐらいまで伸ばす事が大事なポイントです。

また、ムダ毛処理をした際には乾燥しやすくなりますので、しっかりと保湿を行う事が大事です。少し熱を持っている場合には冷却などのケアもしていく事をお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました