脱毛ラボの予約は取りやすい?予約が取れにくいときの裏技

予約の取りやすい脱毛サロン1位の脱毛ラボ

それでも人気店なので

曜日や時間帯ではうまく自分の都合に合わせて予約が取れないことも。

 

脱毛ラボで予約とれないときの対策

脱毛ラボでは予約がとれないこともありますが、その原因としては契約したコースが関係していたり、季節の関係、一つの店舗当たりのベッド数が少ないことや、空き状況を容易に確認できないなどの点が挙げられます。

 

短い期間で脱毛の施術を受けられるので、多くの人と予約が重なってしまいなかなか予約とれない状況が発生してしまいます。事前に脱毛ラボで予約とれないときの対策をとっておく必要があります。
脱毛ラボで予約とれないときの対策としてまず第一に考えられるのがキャンセル待ちです。

 

キャンセル待ちとは希望する日時を決めておいて、その日の近くになったら空き状況確認し、空いている場合にはすぐに予約をとる方です。キャンセル待ちは希望する日程の前日に近いほど予約とれやすい傾向にあるでしょう。
そして都心からやや離れている郊外の店舗の空き状況を確認するというがあげられます。都心は人口が密集していて、仕事で都心まで出向いてその帰りに通う人や、休みの日にショッピングがてら訪れるという人も多いものです。そのためやや都心から離れた店舗の空き状況がないかどうかを確認しましょう。実は意外にも空いている店舗も多いものです。また新しくオープンしたばかりの店舗も比較的予約がとれやすくなっているため、確認してみましょう。
そして時間帯を変えてみるというのも一つの手段です。脱毛ラボに通う人は学生や仕事帰りの人が多いので、学校帰りや仕事帰りの夕方が混みやすくなります。脱毛ラボは夜10時まで営業しているため、混雑する夕方の時間帯を避けて夜に予約をとる方がとれやすくなるでしょう。またこれとは反対に早めの時間帯を狙い予約をするのもお薦めです。
もしもどうしてもこのような方法をとっても予約が取れない場合には、他のサロンと掛け持ちをするという方法も考えられます。中には他のサロンと掛け持ちをしてほしくないと思っているサロンもあり、掛け持ちをする場合に何かあった場合には自己責任でというサロンもあるので、この点については頭に入れておきましょう。

 

 

脱毛ラボの予約を取る裏ワザ!

脱毛ラボは立地や客層によって、店舗ごとに混雑する時間帯が少しずつ異なります。そのため脱毛ラボの予約を取る裏ワザとしては、通っている店舗で、カウンセリングの際にスタッフに混雑する時間帯を聞いてみましょう。これにより穴場の時間帯を教えてくれるかもしれません。脱毛ラボ全体で言えることとしては、午前中から日中の時間帯にかけての予約を狙うということが挙げられます。平日の夜や休日に比べると、平日の午前中からお昼は利用者が少なめです。主婦や学生などある程度時間を調節できるのであれば、午前中から日中の時間帯を狙いましょう。中には開店と同時にはいったら貸し切り状態で施術を受けられたという声も聞かれます。利用者がいなければ施術に二人がかりで取り掛かってくれて、施術時間が短くなるというメリットもあります。この方法は店舗移動が面倒で、一つの店舗に続けて通いたいという人には特におすすめの方法と言えます。
そして通う回数が少ないコースを選ぶということも予約を取るための裏技と言えます。全身一回を脱毛するために通う回数が多ければ、それだけ予約をする回数も増えることになります。これにより予約が取れない可能性も上がってしまうでしょう。早めに脱毛を終えたい場合には、最初から通う回数が少ないコースを選んでみるのも一つの方法と言えます。脱毛ラボで人気の月額制のコースは安さが魅力ですが、通う回数は多くなります。ひと月に4カ所ずつ、1年をかけて全身脱毛1回分がようやく完了するため、少なくとも1年間は予約を取り続ける必要が出てきます。それに比べて最短2週間に1回通うことができる回数パックプランを選ぶと、3カ月から半年ほどで全身脱毛6回完了させることができます。また一回単発プランであれば自分の好きな部位を好きな時に脱毛することができるので、予約も取りやすいと言えるでしょう。その都度支払いおこなうため少々値段は高くなりますが、予約を取ったり通う負担を少なくしたい場合にはお薦めの方法です。

 

 

脱毛ラボの公式サイト

タイトルとURLをコピーしました