脱毛ラボの脱毛器と副作用?脱毛サロンのアフターケアについて

脱毛ラボ10代

脱毛ラボでの脱毛のアフターケアについて

脱毛ラボのアフターケアとして、BBクリームがあります。

これは脱毛した箇所の保湿を行って陥没した毛穴に雑菌が侵入したり乾燥したりすることを防ぐことができるようになっています。

このBBクリームを活用することで脱毛した箇所の炎症や乾燥を防ぐことができるので、綺麗な肌をキープできるようになるのです。

それだけでなく、除毛効果もあるので脱毛のスパンを広げることが可能になり、結果的に肌への負担を最小限にすることが可能になります。

他にもアフターケアとして、脱毛した箇所の雑菌の侵入を防ぐために、激しい運動を禁止するようにしています。

激しい運動を行って汗を書いてしまうとそこから毛穴の部分に雑菌が侵入してしまい、炎症してしまうのです。BBクリームでコーティングをするだけでは汗の雑菌の侵入を防ぐことができないので、激しい運動は控えるようにしています。

紫外線による影響についても注意が必要です。

冬場や春先であっても太陽から降り注ぐ紫外線は目に見えていないだけで広い範囲で肌に悪影響を及ぼしています。脱毛によって肌に加わる紫外線の負荷はこれまで以上になっているので、適切なUVケア用品を使用するように提案しています。

UVケア用品を使用することで紫外線が直接体内に吸収されないようにすることができます。それだけでなく、雑菌の繁殖も防ぐことができるので肌の清潔感をキープできるようになるのです。

以上の点から脱毛ラボではアフターケアとしてBBクリームの使用だけでなく、脱毛した箇所の炎症を防ぐために、激しい運動を禁止しています。

更に適切なUVケアと保湿を徹底することで肌のダメージを低減することも重視しているのです。

UVケア用品の中には、脱毛後の使用が向いていない製品もあるので、脱毛ラボが提供するUVケア用品を使用しましょう。

冬場の場合は毛穴が広がってしまうと更に乾燥するリスクが高まるので、適切な保湿を行う必要があるのです。

 

脱毛ラボのマシンは業界最高水準で副作用なし!

脱毛ラボは多くの女性からの支持を集めている、人気の脱毛サロンです。脱毛ラボには様々な優れた特長がありますが、なかでも最新の技術であるS.S.Cクリプトン方式の採用は注目のポイントだといえるでしょう。脱毛サロンの多くでは、ムダ毛の黒い色素(メラニン色素)に反応する特殊な光を照射することで脱毛を行う光脱毛の施術を行っています。これまでの施術機器にはキセノンランプが搭載されており、施術の際には痛みや刺激が強く肌にダメージを与える場合などがありました。

脱毛ラボが採用したS.S.Cクリプトン方式の施術機器にはクリプトンライトが搭載されており、従来のキセノンランプを搭載した施術機器とは異なり肌に優しい施術が可能となっています。S.S.Cクリプトン方式の施術機器は世界的な医療機器メーカーである、イタリアのDEKA社が開発したものです。従来の施術機器では施術の際に肌へのダメージが生じるため、2ヶ月から3カ月に1回程度の頻度で施術を行うことが一般的でした。一方のDEKA社が開発した施術機器は肌に与えるダメージが少ないため、脱毛ラボでは1ヶ月に1度程度の頻度で施術を受けることができます。高い脱毛の効果が期待できるだけではなく、さらに短期間で施術を完了することができるのです。

S.S.Cクリプトン方式では事前に肌に特殊なジェルを塗布し、そこにクリプトンライトの光を照射することにより、痛みや刺激を抑えながら効果的な脱毛を行います。塗布するジェルにはジェルビーンズと呼ばれる成分が含まれており、光の照射により溶けだした成分が毛穴の奥にしっかりと行き渡ることで、ムダ毛の発生を抑制することができるのです。ジェルにはさらにダイズイソフラボン成分やフィニリーブ成分などが含まれていますので、肌状態を整える保湿効果や美肌効果を期待することができます。S.S.Cクリプトン方式を採用した脱毛ラボの施術機器は、業界最高水準だといえるでしょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました