カミソリで脚のムダ毛処理するコツ!足のブツブツを発生させないおすすめ処理方法 | 脱毛家族~美容ブログ

カミソリで脚のムダ毛処理するコツ!足のブツブツを発生させないおすすめ処理方法

カミソリでのムダ毛処理のコツ

カミソリでのムダ毛処理には様々な肌トラブルがつきまといますが、コツを掴んで上手に処理すれば肌トラブルの無いツルツルでスベスベな美肌に導くことが出来ます。

カミソリでのムダ毛処理に伴う肌トラブルにはどのようなものがあるかというと、カミソリ負けで肌荒れや毛穴の炎症を引き起こす、誤って横にスライドさせてしまうことで出血する、摩擦による色素沈着で肌が黒ずんでしまう、埋もれ毛が生じて毛穴が目立ってしまうなどがそれにあたります。

悩まされた経験があるという人も多いのではないでしょうか。簡単で経済的で誰でも気軽に行うことが出来てスピーディーにムダ毛を無くすことが出来るというメリットがある反面、それに伴う肌トラブルというデメリットがあるということも理解しておく必要があります。しかし、コツを掴んで肌トラブルの原因にきちんとアプローチすることが出来れば、デメリットは簡単に解消させることが出来ます。

カミソリでのムダ毛処理のコツについてですが、安全性が高くて持ちやすくて4~5枚刃のものを選んで滑らかで肌への負担が少ない処理を実現させることが大切です。肌へのダメージを最小限に抑えるためには、専用のクリームやフォームやジェルなどをムダ毛を無くしたい箇所に塗って滑りが良い状態にして剃るのがベストです。

スムーズにスピーディーにムダ毛を剃ることが出来るので、肌への負担が少なくて済みます。何も塗らずに滑りが悪い状態で剃ってしまうと摩擦が生じて肌荒れや炎症や乾燥の原因になりますので注意が必要です。摩擦が肌ダメージとなり、メラノサイトから生成されたメラニンが色素沈着を引き起こすことで黒ずみが生じてしまうという問題にも発展しますので気をつけましょう。

処理後は保湿ケアを徹底するということも重要になります。保湿ケアを徹底することで角質のバリア機能がアップすればターンオーバーが促進されて肌細胞の再生がスムーズになるのでメラニンの色素沈着を抑制して黒ずみを防ぐことにもつながりますし、肌が柔らかく滑らかになるので埋もれ毛の予防にも結びつきます。

処理後の保湿ケアに最適なおすすめのスキンケアアイテムとしては、炎症を抑える作用があるグリチルリチン酸が配合されているもの、ビタミンC誘導体などの美白成分が配合されているもの、コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が高濃度で配合されているもの、肌馴染みが良くて浸透力が高く角質層まで潤いや成分が行き渡るものなどがあります。コツを掴んで肌に優しい効果的で効率的なカミソリでのムダ毛処理を実現させましょう。

 

足のブツブツを発生させないでムダ毛処理する方法って?

女性にとって身だしなみとして必要不可欠であるムダ毛処理、一見簡単そうに思えるケアですが肌へ与える刺激は思った以上に強く、間違った処理を繰り返すと、ムダ毛は無くなっても大切な素肌にダメージを与えてしまうことにもつながりかねず、人前にさらせない肌になってしまうこともあります。

特に気を付けなければならないのが肌のブツブツで、毛穴が目立ってしまうと見た目も汚く、触れた感触もすこぶる悪くなってしまいます。どんなに近くから見つめられても、ふいに触れられても、恥ずかしくない美肌を保ちたいならば、是非、家庭用脱毛器を使いましょう。

足や腕などは広範囲にわたる部位となるため、お手入れが一気にできるカミソリを使いがちですが、カミソリでのムダ毛処理は処理漏れも起こしやすい上、すぐに毛が伸びてきてしまう為、処理後の肌は毛穴が目立ちがちです。

カミソリは目には見えなくても薄く皮膚をそぎ落としているので、乾燥を進め肌の黒ずみも引き起こしてしまうのです。中にはカミソリでの処理に加えて、ピンポイントで毛抜きを使ってムダ毛を引き抜いている方もいるようですが、毛抜きは毛穴に与えるダメージが深刻で、使い続けていくと毛穴が盛り上がり鳥肌のような醜いブツブツ肌になってしまいます。

体毛が引き抜かれた毛穴にばい菌が入ってしまえば、ニキビのようなできものができたり、毛嚢炎となってしまうこともあります。

一方家庭用脱毛器は、今エステサロンで人気となっている光脱毛が自宅でもできるので、一台あればとても便利です。家庭用と言っても照射口も広く、足もスピーディに照射ができるので、お手入れに時間がかかってしまうこともありません。

エステサロンでケアを受けようとなると、時間もお金もかなりかかってしまいますが、家庭用の脱毛器があればいつでもちょっとした空き時間にお手入れを重ねていけるので、サロンへ通うよりも早く綺麗に仕上がるでしょう。

何より光脱毛器は肌に特殊なエネルギーを照射するので、肌の奥のコラーゲン生成を促進させることができ、肌がどんどん若返っていきます。カミソリや毛抜きのようなダメージは一切なく、ムダ毛を徐々に弱らせていくとともに肌自体のケアができるので、透明感のあるなめらかで美しい素肌が手に入れられます。

肌のハリがアップすることで毛穴もキュッと引き締まっていき、テレビで見るモデルのように素足で堂々とおしゃれなファッションを楽しむことができるようになるでしょう。

 

おすすめの足のムダ毛処理方法

足のムダ毛は体のなかでは特に処理する機会が多い部位だと言えるでしょう。ムダ毛処理方法に悩む方も多いですが、おすすめは脱毛サロンに通うことが最も的確に綺麗に仕上げられる方法だと言えます。個人差もありますが、毛周期に合わせて2ヶ月から3ヶ月に1回のペースで1年から2年程度通えばムダ毛処理が非常に楽になるからです。

一度ムダ毛が生えなくなってしまえば処理が不要になりますし、仕上がりも綺麗になって美肌効果も現れます。技術と知識が豊富なスタッフによる施術ですので、安心して任せられるためムダ毛処理が面倒な人にもおすすめです。通うための時間や費用はかかりますが、永続的に続くムダ毛の処理から解放される時間を考えると有力な方法だと言えます。

通う時間を確保するのが難しい方や、自宅で手軽に足のムダ毛処理を行いたい人には家庭用脱毛器がおすすめです。脱毛サロンに比べれば脱毛効果が薄かったり、施術が自分で行う手間があったりしますがマイペースで行うことができる大きなメリットがあります。ツルツルにするためには根気が必要となりますが、減毛効果は十分に期待できます。

費用は家庭用脱毛器の購入代と種類によってはバッテリーやカートリッジの交換代が必要ですが、脱毛サロンよりも安価に済むことが多いです。背中など手の届かない部位には向いていませんが、足のムダ毛処理には効果的です。

また、脱毛サロンに通っていても少しだけ毛が生えてくる場合があります。そういった時には家庭用脱毛器と併用することもできますので、脱毛サロンに通うほどでもない場合に重宝できます。納得がいくまで繰り返し使用できる点も、家庭用脱毛器の利点だと言えるでしょう。

毛が薄い方や頻繁に手入れが必要ないという方は、電気シェーバーでの処理が楽に綺麗に仕上げることができます。カミソリに比べて肌への負担が少なく、肌環境を守ることが可能です。思い立った時にすぐに処理することが可能で、費用も安価に収まります。産毛や細かい部分の処理には向いていませんが、足の用途には使い勝手や良い手段です。ただ、脱毛エステや家庭用脱毛器とは違って毛が生えてこなくなるわけではありませんので、こまめな処理が必要です。

もしもの出先でちょっとしたムダ毛が気になった場合には、ムダ毛用トリマーがおすすめです。小型のスティック状のバリカンとなっており、大量の毛を処理するのには向いていませんが持ち運びができるメリットがあります。用途に合わせて使い分けていくと効果的です。

タイトルとURLをコピーしました